2月
7th

亡くなった場合

Posted by koshi-itami.net on 2月 7, 2014.

自分に近しい人や動物が亡くなった場合、残された人がすべきことは、弔いをすることだけです。弔うということは、その人に別れを告げるだけではなく、その人がちゃんと天国に逝けるようにきちんとおくるための儀式でもあります。
なので、残された人は葬儀を開き、火葬して、弔わなければなりません。火葬の時の煙で人は天に登るといいます。しかし、土葬でも火葬でも構いません。肝心なのは弔うということなのですがから。

筆者はこの歳になるまでに、何度も葬儀、火葬に立ち会いました。家族、親戚、友人の家族、葬儀に立ち会った数も火葬に立ち会った数も多く、出来ることなら体験したくなかった経験を数多く経験しました。
しかし、経験したことのない人にとってはどうすればいいのかわからない。というものがあるのもまた事実。なのでここでは筆者の経験を元に、葬儀の流れを紹介していきます。と言っても、殆どの場合は葬儀外車の人が教えてくれるので、ここでは簡単な流れと、心構えについてのお話を中心にしていきます。
また、墓石の購入についても紹介したいと思います。もしお墓を新しく作るなら墓石の購入は必須であり、墓石にも種類があるんです。なので良い墓石選びというのもまた考えなければならないことの一つなんです。

イチ押しリンク

東京でお墓を建てるなら:富士石材株式会社
火葬ならいつでもお問い合わせください!!|葬儀110番
埼玉で葬儀するならこちら|コープ葬祭センター



Copyright(C)2014 葬儀の話。葬式から火葬、墓石の購入まで All Rights Reserved.